TOEFL

TOEFL® テスト日本事務局 教育機関・法人の方専用Webサイト

CIEE

TOEFL iBT®

スコア設定時のアドバイス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

学校・団体・企業がTOEFL iBT® テストスコアを利用するにあたり、どのようにスコア設定をしたらよいのかを、ETSは以下のようにアドバイス・提案をしています。

  • トータルスコアの設定だけでなく、どのような能力を持った人材を求めているかに応じて、各セクションのスコアも設定してみてはいかがでしょうか。
    例:読解力が高い人材を求めている場合はReadingセクションを他のセクションより高めに設定する。
  • 高過ぎるスコア設定は受験者層を狭めてしまい、結果的に素質のある受験者を不合格にしてしまう可能性があります。また逆に低すぎるスコア設定は、英語力不足で好成績を望めない受験者を受け入れてしまう可能性があります。
  • 学部ごとにセクションのスコアを設定してみてはいかがでしょうか。
    例:英文学部や国際教養学部など、英語力を特に必要とする学部は高めのスコア設定をする。
  • 設定スコアが適切かどうか、最初のうちは判断できないことも多くあると思います。設定スコアに足りない受験者 が応募してきた場合でも、柔軟に対応しましょう。
  • 要求スコアの定期的な見直しをしましょう。
    ETS関連ページはこちらで確認ください。
    またスコア設定後は、入学希望者やスコアを送付する方のためにDIコードや、要求スコアを広く周知するように心掛けてください。
    *DIコードに関してはこちらを確認ください。