TOEFL

TOEFL® テスト日本事務局 教育機関・法人の方専用Webサイト

CIEE

TOEFL iBT®

よくある質問

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOEFL iBT® テストについて

申込の流れ

受験料はいくらですか
国によって受験料は異なりますが、日本で受験する場合、現在Regular registrationはUS$235、Late registrationの場合はUS$40の手数料が追加され、US$275です。
TOEFL iBT®テストはどこで受けられますか
ETSのTOEFL® テスト公式ホームページにテスト実施地域とテスト日のリストが掲載されています。しかし、どの会場も満席になり次第申込が締め切られること、また満席になった地域で新たに会場が設置されることもあることから、状況は刻々と変わります。そのため、常にこのリストに最新の実施状況が反映されているわけではありません。 いつどこのテスト会場に申し込めるかのリアルタイムの確認は、My Home Pageを作成し、このMy Home Page上のRegister for a testから行ってください。
>> My Home Page - 実施スケジュール確認編
テスト日は、年に何回程予定されていますか
年30-40回、主に土・日に実施されております。空席状況などの詳しいテスト実施情報はMy Home Page上でご確認ください。なお、テストは何度でも受けていただくことができますが、一度受験してから次のテストを受けるまで受験間隔を中12日空ける必要がございますので、ご注意ください。
どのように申込するのですか
インターネット・電話・郵送の申込方法があります。インターネット申込の場合はクレジットカードまたはPayPal Account、電話申込の場合は、クレジットカードのみです。郵送申込の場合はクレジットカードまたは国際郵便為替をお使いいただきます。
>> 申込方法について
身分証明書(ID)は申込時に必要ですか
身分証明書(ID)の氏名の表記は、予約時に登録した氏名と完全に一致している必要がございます。テスト当日に規定のIDをご提示できない場合、いかなる理由であっても受験が許可されませんので、テストお申込時にIDをあらかじめご用意いただくことをおすすめします。
障がいがあり特別な受験環境を必要とする場合、通常の申込とは別に申込手続きが必要なのですか
はい。まず、通常のBulletin(受験要綱)に加え、別冊の障害者の方用の受験要綱 Bulletin Supplement for Test Takers with Disabilitiesをお読みください。障がい者の方用の受験要綱には、視覚、聴覚、身体障がいのある受験者が受けられる配慮とそれを受けるために申込の際にETSに提出しなければならない書類と申込方法について記載されています。またETSのTOEFLテスト公式ホームページ"Accommodations for Test Takers Disabilities and Health-related Needs"にも案内があります。これらをお読みいただき不明な点がある場合は、ETS Disability Services(E-mail:stassd@ets.org/電話:1-609-771-7780)へお問合せください。
受験の際に提示する身分証明書(ID)は原則パスポートだそうですが、受験者がパスポートを持っていない場合、何を用意したらよいでしょうか
テスト日に有効期限内のパスポートをどうしても用意できない場合、ETSの定める2点のIDの組合せを用意してください。
>> 身分証明書(ID)規定について
Confirmation of Identity Letter(作成身分証明書)とは何ですか
パスポートを持っていない受験者が、顔写真付きID(運転免許証や住民基本台帳カード、外国人登録証明書など)との組み合わせで必要な書類です。ETSが定める書式で、卒業した若しくは在学中の大学・高校に作成を依頼します。
>> Confirmation of Identity Letterサンプル