TOEFL

TOEFL® テスト日本事務局 教育機関・法人の方専用Webサイト

CIEE

TOEFLアライアンス

ご挨拶

TOEFLアライアンスのページにようこそ。

TOEFLアライアンスは、TOEFL® テストのコンセプトを中学・高校の英語教育に取り入れ、世界基準での英語力の養成を図ることを目的に設立された会です。早い時期から、世界を見据えた英語力を指標にすることで、高いレベルでの4技能習得を目指します。学校ごとでも、個人としての入会でもどちらでも入会が可能です。

世界の人々と渡り合える人材の育成をめざして

高い信頼性

TOEFLアライアンス主幹校
大阪府立和泉高等学校 校長 河合克昭

 

急速なグローバル化が進む昨今、本校では「いかなる国際情勢の中でも生き抜く人材育成」をめざし、世界共通言語とも言える英語の実践的な運用能力を養成するため2012年度より授業にTOEFLテストを導入して参りました。

本校がTOEFLテストを授業に導入した理由は、まず第1に、TOEFL iBT® テストは、「読む・聞く・書く・話す」という英語の4技能をバランスよく測定する英語運用能力テストであることです。第2に、日本の若者が将来、海外の大学・大学院に進学するための準備が高校生からできることです。第3に、TOEICテストがビジネス英語であるのに対して、TOEFLテストは米国の大学での文系・理系に関する講義内容が出題されていることから、高校生が知識・教養を吸収することにも役立ち、さらに高校生にとっては高度な英語力を要することから日本の大学入試にも役立ちます。第4に、ロジカルな思考回路やクリティカルに物事を洞察する態度も併せて涵養でき、将来自分の意見を世界の人々を相手に分かり易く自信をもって発信できる能力を育成できると考えたからです。

しかしながら、我が国の中学・高校においてTOEFLテストを授業に取り入れている学校はまだまだ少数であり、カリキュラム、教授法及び教材等が確立していません。そこで2013年に全国のTOEFLテストに取り組んでいる学校、またはこれから導入しようと考えている学校に呼びかけ、TOEFLテストに関する情報共有を目的に当アライアンスを立ち上げました。

是非、一人でも多くの指導者の皆さん方にTOEFLアライアンスへご参加いただき、我が国の英語教育を改革し、実践的な英語力を強みに世界に羽ばたく日本の若者を育てようではありませんか。